自然観察 Tag

 私はありがたいことに、ここ一年ほど、世界のトレイルを直接肌で感じるチャンスを、与えられている。5年ほど前から、ガーデニング業の傍ら、英国のフットパスとトレイル、環境保護、自然教育などを趣味レベルだが自分なりに調べ、日本ロングトレイル協会を通じて、時々発信している。専門家ではない、英国に住む日本人主婦の私に、そのような機会を設けてくれた協会には、感謝しかない。その協会は、現在World Trails Networkという全世界のトレイル関係者が未来のトレイル文化発展のために活動する団体のメンバーになっている。私は、協会とWTN間の連絡係役を仰せつかり、世界のトレイルと日本のトレイルの橋渡しをしている。  ここ最近WTNメンバーたちから聞こえてくるのは、コロナ禍は世界各国のトレイル運営にも大きな影響を与え、トレイルのあり方を再考せざるおえなくなっているということだ。トレイル閉鎖、ロックダウンによる運営陣の人材と財政不足、スルーハイクやイベントの中止、保全の大幅な遅れ、新たなトレイル設立の延期など、厳しい状況は、日本だけでなく、世界中どこも同じようである。その一方で、野外活動が人気を博し、アウトドア商品の売れ行きが急上昇している。日本含め世界どこでも、デイハイカーが急増し、新規利用者や家族連れが大きな伸びを見せている。また、このご時世でsolitude(ソロ活動)が話題沸騰中である。そんな中、新たな問題も発生してきている。サウス・ウェスト・コースト・パスでも起こっているホットスポットが、米国アパラチアン・トレイル、カナダのオンタリオ・トレイルをはじめ、レバノン、ギリシャ、南アフリカなどのトレイルでも起きている。人気が集中した理由には、どうやらSNS上の投稿が、発端らしい。また、何の知識もない新規利用者に安全やマナーを教育することも急務となっている。  この新たな現象と問題は、トレイル運営陣のみで対応するのにはあまりにも急激に規模が大きくなりすぎている。そこでWTNは、今年6月11日から英国コンウォールで開催されたG7サミットの公式イベントとして、World Trails G7 Summitをオンライン上で開催し、諸問題解決の協力要請と高いポテンシャルを秘めているトレイルへの投資を、政府や関連機関に訴えることにした。G7とゲスト国合わせて全12カ国のトレイル代表が参加した中、大変名誉なことに日本代表のパネリストとして私が選ばれた。参加国それぞれ3分間のプレゼン時間を与えられた。日本のトレイルは、世界のトレイル専門家の間でもそれほど知られていない。そこで、1200年の歩く旅の歴史、八百万の神の国における自然保全、日本独自のトレイル風景など、しつこいほど「ニッポン」を強調し、他国と共にトレイルを盛り上げたい気持ちを3分間の短いプレゼンにまとめ上げた。手前味噌だが、大変好評で、日本のトレイルの存在を少しはアピールすることに貢献できたかもしれない。 World Trails G7 Summitでは、全12カ国のトレイル代表が参加 ©️World Trails Network  コロナ禍で予想をはるかに超えて、トレイルに注目が集まっている今、WTNとしては、この流れをしっかり握り、トレイル歩きが人々の旅や生活のスタンダートになるように推し進めていきたい意向のようだ。そして、さらに50年、100年先まで持続可能なトレイル作りを、自治体、地元民、利用者と共に実現していきたいと考えている。そのための策のひとつとして、世界同一記念日、World Trails Dayを立ち上げてようと動いている。また、これを機に子供達にトレイルの楽しさをもっと知ってもらい、ゆくゆくは次世代の育成と繋げていく狙いもあるようだ。歩くことが、アウトドアや観光からだけでなく、コロナ禍における健康、安全、社交など多方面から注目を浴びていることは、大きな希望となりえる。その大きな流れに日本も上手く乗りつつ、日本独自のトレイルを確立することで、世界に誇れる魅力溢れる財産を得られるように感じる。  トレイルだけではなく、他のアウトドア団体、自然保護団体も、このチャンスを逃すまいと動き出している。Re-wilding, Sustainability, Biodiversity, Green Spaceをスローガンに上げて、政府に、企業に、国民に、自分たちのミッションを達成させるために、この波に乗って、たたみかけようとしている。温暖化問題、生物多様性の保全を政府に働きかける市民団体Extinction Rebellionの動きもますます活発になっている。  今年の英国の初夏は、梅雨のような日々が続いている。自宅近くの森へ行くと、ブナの葉に雨が当たる音が、全方向から聞こえてくる。まるで、大合唱のようだ。その中に佇み、耳に傾け、「嗚呼、自然に生かされているんだな。」と改めて感じる。そのことを忘れずに、何をすべきか、今一度それぞれが考える時なんだと痛感している。 [embed]https://www.youtube.com/watch?v=-xZiSrkzT0o[/embed] セツダのプレゼン動画 ©️World Trails Network 【この記事は、自然体験.comに連載された記事『英国カントリーサイドにて』を再編したものです。】 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021...

 悶々としているのは、私だけではなかった。パンデミックという今まで経験したことのない事態に、周りのひとたちもどう対応するべきか、何が正解なのか手探り状態で、非日常の日常をこなすことで精一杯のようだ。何に対して戦っているのかも分からず、先行き不透明な状態に陥る。ストレスはマックスにまで膨れ上がり、もう家で大人しくしていても頭がパンクしそうだ。そう思った人たちが、ウォーキングに、サイクリングに、ポンポン外へ飛び出していた。1日1回外での運動を許可されていた英国で、人々は制限をできる範囲内で拡大解釈し、工夫を凝らして、外出を楽しみ始めていた。気がつけば、私の住む静かな村には、いつもより人が増えている。明らかに今まで野外活動をするタイプではなかった人たちまで、フットパスを歩いていて、ちょっとした混雑が生じているではないか。ソーシャル・ディスタンスをそれほど気にしなくていいはずの野外で、人との距離に神経を遣う。「なんだ、これ?」 医療従事者たちへ子供達が描いた虹が、窓に飾られている光景をよく目にした  また、もうひとつ注目したことは、ロックダウン中、毎週木曜日夜8時になると、医療従事者たちに感謝の意を表す”Clap for Heroes”というキャンペーンが全国に広がっていたことだ。私の村でも皆それぞれの庭に出てきて、拍手したり、鍋やバケツを叩いたり、楽器を奏でたりして、「ありがとう」を伝えることが、ロックダウン生活の一部となった。このときが唯一人々が集まり、何かを一緒にすることができ、皆の心を和ませている。ネット環境が整っている現代、会えない人や行けない場所に繋がることはできるが、やはりそれはあくまでもバーチャル。直接ふれあうのとは、全然違うのである。そんなことを人々が再認識したのが、この”Clap for Heroes”だったように思う。皆の笑顔、そしてお互いを労う姿がとても印象的で、私もホッとして救われたのである。  20年春から初夏にかけて天気が安定してくると、自宅で過ごすことが多くなった人々は、普段できないガーデニングや家庭菜園、DIY、アート制作に勤しんだ。すると、それらに関連する品物の争奪戦が勃発し、店からもネットからも売り切れが続出する。コロナ禍とEU離脱による影響で、供給側は追加入荷が間に合わず、消費者は苛立ち、クレームが増え続けた。私も庭仕事で必要な培養土を探し回ったが、全て店から消えていた。店側も、政府の方針と需要と供給の落差に振り回されて疲弊していた。例えば園芸店では、第1回のロックダウンで店を強制閉鎖していたため、初春の人気植物を破棄せざるを得ず、大きな損害を出していた。その後の、この異常な品薄や品切れ状態。私の馴染みの園芸店スタッフも、「どう対応していいか分からないよ」と苦笑していた。しかし、人々が植物を育て、体を使って何かを創造しようとすること自体は、今後、面白い刺激を社会にもたらすような予感がした。ガーデニングは英国のお家芸である。アロットメント(市民農園)の制度は、1500年代後期からすでに存在している。今、再度彼らの中にあったDNAが目覚め、熱を帯び始めようだ。  20年7月ごろに、ロックダウンはほぼ解除された。待ってましたとばかりに、ロンドンなどの大都会からここ南西部に、人々がどどっと押し寄せてきた。週末になると、主要道路は大渋滞になり、名所付近では駐車場に車が止められず、外にまで溢れ出て道を塞ぎかねない状態になっていた。南西部海岸線沿いのトレイル「サウスウェスト・コースト・パス」には、眺めの良いポイントに人々が集中するホットスポットができ、行列ができる異様な光景が出現し、全国紙の一面にも載るほどのニュースになった。もう、ビーチもフットパスも芋洗状態。こんなことは、以前にはなかったことである。運営側や地方自治体は、動けるスタッフの人数を制限しているために、トイレや売店を開けることができす、対応が大幅に遅れた。また、利用者の安全確保も懸念材料となり、頭を抱えていた。利用者たちは、節度を持ち合わせていないわけでないが、それ以上に自然の中でリフレッシュしたい気持ちが強過ぎて、抑えることができないようだ。この様子を、観光業に頼っている地元民は「来て欲しいけど、来て欲しくない」と、複雑な思いを吐露していた。しかし、新規利用者獲得といった新たな可能性も生まれ、アウトドア業界や観光業に少し光が見えてきたように思う。あとはタイミングの問題か。「どうか、それまで業界の体力が保ってくれ!」 つづく *第三部は、こちら >>。 【この記事は、自然体験.comに連載された記事『英国カントリーサイドにて』を再編したものです。】 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021...

 2020年春。新緑がようやく長い冬から目覚めた。小鳥たちが求愛の鳴き声を響かせ、ミツバチたちは、蜜を探して忙しく飛びまる。子羊たちが初々しく親を呼ぶことが聞こえてくる。いつもの生命力満ち溢れる、英国の春の訪れ。人間たちも、心なしか、ウキウキし始める。しかしそんな待ち望んだ春の中、私は清々しい空を見上げて、どうしようもない疎外感を感じた。ふっと、大きなため息がでる。  2020年始めに東アジアで広がり始めたCOVID-19は、あっという間に欧州にも広がり、英国政府も慌てて3月末から、ロックダウンを実施せざるおえなくなった。現在、英国の田舎サマセットに住んでいる私には、ちょっと買い物が不便になった程度で、日々の暮らしに、それほど大きな変化もなく過ごしていた。感染者数も都会に比べたら、そう多くなく、アジア人だからと何かいやな思いもすることもまったくない。確かに予定していた計画や旅行ができないことに、苛立ちはする。でも、それはみな同じ状況。見えない圧による閉塞感もあるけれど、それも想定内といえば、そうだ。にも関わらず、なぜこんなにも気持ちが落ちて、焦っているんだろうか。  ロックダウンが始まると、人々の活動が止まった。いつも聞こえる飛行機や車の騒音、近くの小学校から聞こえる子供達の声、誰かが作業をしている音。すべてがぴたっと止まった。異常なほどの静けさの中、五感に流れ込んでくるのは、春を謳歌している周りの自然の気配。普段なら癒されるはずなのに、今はその自然に対してイライラしている。人間は止まれと言われているのに、自然はそんなことは御構い無しに先へ先へと進んで行くからだ。自分は自然の中の一部だと認識していたはずなのに、突然大きな壁がドーンと立ちはだかり、取り残された気分だ。それが、どうしようもなく虚しい。「ねー、待ってよ。置いていかないで。」  ガーデニングを生業としている私には、自然とのふれあいは、生活の一部であり、いつも意識していることだ。しかしここにきて、思いっきり失恋したみたいだ。というか、ただの片思いだったのかもしれない。Wildlife Friendly, Re-wilding, Sustainability, Organicといった言葉に敏感に反応し、言葉にしてきた私に対して、「そんなことを求めてはいないよ。あんたなしでも、生きていけるんだ。」と自然に突きつけられたようで、失望を超えて、滑稽に思えてくる。癒しや豊かさを望んだ私のとんだ勘違いだったのか。よく考えたら、今回の大騒動を巻き起こしたウィルスにしたって、自然の一部なのだ。「こちらが自然に寄り添おうとしても、いつでも手厳しいな。ただえさえ、通常営業ができなくて、凹んでいるのに、この塩対応どうなのよ。もっとやさしくしてよー!!」空に向かってぼやいても、答えは返ってこなかった。ただの八つ当たりである。 つづく *第二部は、こちら >>。 [embed]https://www.youtube.com/watch?v=ez-B8j8VZcA[/embed] 2020年日本ロングトレイル協会 オンライン・シンポジウムに向けてのメッセージ 【この記事は、自然体験.comに連載された記事『英国カントリーサイドにて』を再編したものです。】 参考:2020年日本ロングトレイル協会 オンライン・シンポジウム ロングトレイルを歩こう 第1部「アフターコロナの歩き方」 ロングトレイルを歩こう 第2部「第8回ロングトレイルシンポジウム」 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021...

 日本よりも遥か北に位置する英国の冬はとても長いです。空はどんより暗く、雨が多いため湿気っぽい。フットパスもぬかるんでいて、長靴でないと歩けません。雪解けの北海道は、どこも泥だらけになると聞いたことがありますが、ここではその状態が4、5ヶ月続きます。そのため、みなちょっと鬱気味。Seasonal affective disorder (季節性感情障害。通称SAD)になる人も増えます。 正月過ぎに咲き始めるスノードロップ。春がそう遠くないことを知らせてくれる  そんなドヨヨーンとした日々。外に出るのも億劫になりがち。しかし、愛犬がいる我が家では半強制的に散歩に行かざるおえません。冷たい空気が刺さる外へ、勇気を出して一歩踏み出せば、ご褒美として、心をポッと温かくしてくれる春を呼ぶ野花たちに出会えます。一月ごろ、道脇の土手にスノードロップがまず咲き始め、二月、三月にかけて、水仙、プリムラ(Primula vulgaris)、ヒメリュウキンカ(celandine)、ヤブイチゲ(wood anemone)の順に、大きな木々の下や丘の斜面に花が開き始めると、「もう春はすぐそこまで来ているな」と感じられます。イースターを迎える四月中旬から、イングリッシュ・ブルーベルが一斉に森を占拠し、遅れてワイルドガーリック(ラムソン)の花が真っ白へと変えてくれます。人も動植物も徐々にエネルギーが満ちてきて、ムンムンとしてきます。日々の散歩も、変化し続ける自然に、私と愛犬の気分は上々↑↑、アゲアゲです。 越冬したハチたちも、栄養補給に大忙し。スミレとヒメリュウキンカを行ったり来たり  目線を少しあげると、二月の寒い時期にリンボク(Blackthorn。スロー・ジンにいれる青い実がなる。)が雪のような花で場を明るくし、三月に入ると梨、梅、ダムソン(Damson。セイヨウスモモの一種。)が我先にと競い合うように白い花を咲かせます。霜が降りなくなる四月中旬になると、セイヨウミザクラ(さくらんぼうがなる桜)、林檎、セイヨウサンザシ(Hawthorne。花は、May Blossomと言われている。)が、透き通った青空へ白い花火を上げているかのように、開花のピークを迎えます。もしかしたら、英国にも花咲か爺さんがいるのかも・・・。日本では、梅、椿、桜、桃などが順に咲始めると、春を実感し、愛でる文化があります。それと同様に、英国人たちも物見遊山に出かけ、花の美しさに思わず立ち止まり、見とれてしまうのです。鬱気味だった心も、カラッと晴れ渡ります。 英国の春といえば、森に生息しているブルーベル。多くの人たちが見に、森へ足を運ぶ  森の中ではシジュウカラやクロウタドリなど、野鳥の求愛の歌がサラウンドで鳴り響き、秋に土中に埋めたクルミやドングリを、トランプゲームの神経衰弱でもするかのように、記憶を頼りに、リスがあちらこちらを掘り出し始めます。晴れの日は、羊の親子と共に、ウサギたちが巣から出てきて草を食べ、大きな木の上からは、森の大工キツツキが、「今年もこの忙しい時期がきたぜ!」とみなに告げるように、カカカーンと音が聞こえてきます。さらに土が温まってくると、アナグマ(Badger)がミミズを探しに、森から人様の庭の芝まで、そこらじゅう掻き出し、そんなミミズを渡すものかと地中ではモグラが激走し、小山をポコポコと残していきます。越冬した樹木や果樹がようやく新芽を出すと、待っていましたと鹿がパクリと食べていく。こうなると、農家や園芸家たちの苛立ちは、穏やかな春の日差しでも、さすがに癒せません。 シャンデリアのような、セイヨウトチノキの花  春分すぎると陽の光が強くなり、草原の緑が一層映え、まだ冷たい北風に揺らされキラキラと波打っていきます。寒暖差が激しい中、高木の若葉が迷いながらタイミングを見計らうように、徐々に延びてきます。「お先に失敬」と言わんばかりに、まずはメイプルがうぐいす色の葉と房状に垂れ下げた花芽を広げていきます。セイヨウトチノキ(Horse Chestnut)は、大きな手のひらが延びたような葉で、光を掴んでいるかのよう。日がさらに延び始めると、恥ずかしげに円形のハシバミの葉が顔を出し始めます。寝坊助のブナは、なかなか葉芽を開らこうとしません。英国の象徴的な木、イングリッシュ・オークの葉が見え始めると、アフリカから飛んできた渡り鳥たちが巣作りに精を出し、夏へと季節が移ったことを告げています。 子羊たちが、母羊とのんびり日向ぼっこ。英国春の風物詩  英国での最大の春の祭典イースターは、キリストの復活祭です。ただ、もともとは春の到来を祝う古代の祭りがベースになっているようです。長い冬から目覚め、春の息吹に開放感を得た昔の人々のその気持ち、犬の散歩で春を味わっている今この瞬間、理解できるように思います。自然が還ってくる春に、心が踊る。これが、本来の復活祭なんでしょう。でも、あまりはしゃぎすぎると、満タンになった生命のエネルギーにより、火傷するので注意が必要。五月病は、英国にもやってくるのです。 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021...

 突然ですが、みなさんは、自分の住んでいる土地のことをどれだけご存知ですか?地形、地名の由来、歴史、文化、名産品、生息する動植物のことなどを、訪ねてきた人たちと話すことは、ありますか? 友達、親戚は、どこに住んでいる?  私は、英国に住んで15年弱になります。それ以前の私は、友人や親戚を訪ねても、会って話をすることが目的で、彼らがどのような土地に住んでいるのか、まったく興味がありませんでした。せいぜい住所を調べて、自宅からどうたどり着けるか、名所や名店があれば、たまに行くぐらい。その程度の認識でしかありませんでした。しかし、英国に拠点を移してからは、ある意味自然に、でも半ば強制的に、自分が立っている土地について学ぶようになり、今ではそれが普通になりつつあります。どうしてそのように変化したのか振り返ってみると、確かに異国での生活に慣れるために必要な知識だった、中年になりネオンより自然に目がいくようになった、都会から田舎暮らしを始めたなど、たまたまタイミングが重なったと言えばそうです。しかし、なによりも私が知る英国社会では、自分が住んでいる地域を知っているのは当たり前、普通のことでしょっといった空気があり、それに私が感化されたことが一番の理由なのではないかと思います。 自分だけの地図作り  こちらに住み始めたころは、人を訪ねるたびに、自分の英語力不足もあり、話についていけず置いてけぼりをよく食らいました。みな食事をしながら、お互いの近況報告、政治経済、ゴジップの話と共に、自分の家から半径二キロ圏内の出来事をこと細かく話をしているのです。その土地の天気はこうだ、庭に何が咲いた、家庭菜園に何を植えた、どこそこの森に野生動物が現れた、向こうの丘で珍しい石を見つけた、あそこの教会が修理を始めた、村の誰々さんからこんな昔話を聞いた・・・などなど。この人たちは、何が面白くてこんな話をするんだろう。世界がめちゃくちゃ狭くて、つまんないなぁ〜と笑顔を見せながら思っていたのです。そして、食後に散歩へ行き、同じような話をずーとしながら、時には話題の現場を見せてくれたりします。なんで毎回毎回、同じようなところを飽きずに散歩し、同じような話題ばかり話すんだろう。こんな地味な遊びをする英国人って、倹約家・・・というより貧乏くさい。ハイテク大都会・東京から移り住んできた私は理解できず、ちょっとバカにしていました。しかし、あんなに熱心に話をしているし、聞くほうも楽しんでいるし、喜んで歩いてるし、なんだかよくわからないけれど、みな好きなんだろうなと感じてはいたのです。  その後、英国情報も私の脳にちょっとずつ蓄積されていき、アナログな田舎暮らしにも慣れはじめていきました。そんなある日、毎日行なっていた犬の散歩でのことです。情報溢れる都会とは違い、何の変化も刺激もないと思っていた田舎道で、昨日は蕾だった花が、今日は咲いていることに気づき驚きました。「あれ?毎日同じ道を歩いているのに、毎回変化があったんだ。」諸行無常を、私なりに知る体験でした。どうやら、ガーデニングの仕事の影響もあったのか、街の流行から目の前の動植物へと視点が移っていったのかな・・・。そんなこともあり、半径二キロ圏内トークを、徐々に理解できるようになりました。英国では、食事や散歩をしながら、自分が置かれている環境の話をすることで季節や変化を丁寧に紡ぎとる。つまりそれが彼らの社交なんだろうなと思います。以前は、遠い世界やトレンドばかりを追っていた私でした。しかし、自分の拠点ををまず知り、その知識を元に他の土地を訪ねる。そうすることで、自分だけの3D、場合によっては4Dの世界地図を脳内で組み立てていける面白さを、英国で教えてもらいました。そしてその地図は、トークだけでなく、自分の足で確かめることで初めて完成となるようです。 新たな土地の過去、現在、未来  今年(2018年)の夏に、片田舎のエセックス州から、ド田舎のサマセット州に引っ越しをしました。引越しを終えて、まず最初にしたことは、購入した家の元オーナー家族と我々夫婦ふたりプラス犬の全員で、案内を兼ねて村を一緒に散歩しました。家を売買した関係だけなはずなのに、106年前に建てられた家と彼らの家と村に対する思いを、引き継ぐ儀式のように、私には感じられました。最後に、地元のパブでお互いの未来へ乾杯しました。それは、私の新たな地図作りがスタート!!と、鐘が鳴った瞬間でもあります。今は、愛犬の散歩がてら村を散策しながら、どんな地質、地形なのか。ここの地理がどのように人間社会と結びついたのか。今見えている古い建物がどう建てられ、どうしてそこに建てたのか。どんな野生動植物が生息しているのか。時には、家族や友人たちと一緒に、半径二キロ圏内トークに花を咲かせながら、調査をしている毎日です。 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021...

 花鳥風月を気にし始めたら、それは老いてきた証拠とよく聞きます。私も気がついたら、周りにある自然をボーと眺めながら、季節の移り変わりに心動かされるような人間になっていました。大都会・東京で仕事と遊びに明け暮れ、お天道様を拝むことがほとんどない生活をしていた私。どうしたのでしょう。そのギャップに私自身が一番驚いているぐらいです。そんな少々老いてきた私が今気になっているのが、花鳥風月の「鳥」です。かわいらしさ、美しさはもちろんなのですが、今いる鳥は、恐竜の子孫、つまり恐竜そのものだという話を聞いて、私の中で注目度がさらにアップしました。その今も生き続けている「恐竜さん」がどんなものなのか、まずは見てみようとバードウォッチングのまねごとをして、双眼鏡をのぞいて見るのですが・・・、あれ、なんで?鳥が見つからない。 フル装備で、大きな単眼鏡と望遠カメラを抱え、湿地帯にくるバードウォッチャーたち  19世紀に英国から発祥したバードウォッチングは、今でもこの国のお家芸のひとつと言っても過言ではない、とてもポピュラーで身近な遊びのひとつです。私の住んでいるエセックス州は、湿地帯が多く、バードウォッチャーに大変人気なエリア。特に冬は渡り鳥たちが多く見られ、天気の良い日には、ハンティングウェアでカモフラーシュし、どデカい双眼鏡、または単眼鏡で、鳥たちを観察し、撮影している熱心なバードウォッチャーをよく見かけます。約300万人のバードウォッチャーが、この国には存在すると言われていて、それを象徴するのが、世界的にも有名な自然保護団体、王立鳥類保護協会(RSPB - Royal Society for the Protection of Birds)です。1889年に発足して以来、野鳥の保護とそれを取り巻く自然環境保全を促進してきた長い実績があり、会員メンバーが100万人以上の世界最大の野生動物保護団体です(RSPB HPより)。 真冬は、たくさんの渡り鳥が水辺に集まる。寒さより、野鳥観察  そのRSPBが1979年から毎年冬に行ってきた一大イベントが、Big Garden Birdwatch。約50万人のイベント参加者全員が、ある指定された週末一斉に、自宅で見れる野鳥をカウントし、その結果をRSPBに報告。その後団体によって集計され、英国に生息する野鳥の数とその変動を把握する貴重なデータとなります。今年は、1月27日(土)、28日(日)、29日(月)の三日間行われ、そのうちの日中1時間を自由に選びカウントします。庭がない人は、近くの公園、自然保護区、会社の敷地など好きなところを選ぶこともできます。家の窓から観察するのもよし、外でじっと観察するのもよし。集計結果は、指定された報告書に記入し郵送する、もしくはネット上で報告する2パターンのどちらかを選べます。 Big Garden Birdwatchへのカウントダウンを知らせる投稿。フェイスブックのページより © RSPB Essex  これはいい機会だと、私も早速自宅の庭に訪れる鳥たちを、双眼鏡片手にカウントにトライしてみました。ひとり庭の一角に構え、コーヒーを飲みながら、ハンターのように存在を殺し(ているつもり)、じっと鳥たちが来るのを待ちます。「ピヨピヨピョ〜」、「チュンチュンチュン」。2、3種類の鳥の鳴き声があちらこちらから聞こえてきますが、残念ながら鳴き声だけで、鳥の種類を確定できる知識は私にはありません。双眼鏡で「どこにいるの?」と木々の枝をくまなく見ていきますが、なかなか鳥そのものが見つからず、ひと苦労。「あ、いた!」と思っても、よく見たら木にぶら下がった萎れたリンゴだったり。これでは、カウントどころではありません。どうやら思い描いていた以上に、目が慣れ、コツを得るまでに時間と経験が必要なようです。よく考えたら私の主人は、子供の頃からハンティングをしていたからでしょうか、どこへ行こうと野生動物を見つけるのが得意で、毎回何気なしに指をさしながら、「ほら、あそこ」と教えてくれます。しかし、コンクリートジャングルのネオンばかり見てきた私は「どこ、どこ?」と聞いても、まだどこにいるのかわからないほど、ポイントずれずれです。バードウォッチングは、もともとハンティングから、野鳥を殺さず見て楽しむ遊びへと進化させたものです。つまり基本は獲物を見つけるのと同じということなんですね。 なかなか鳥の姿を見つけられず、カウントどころではない。それでも、ひたすら探し続ける  そんなバードウォッチング音痴の私ですが、めげずに探し続けました。カウントより、まずは鳥を見つけ出すこと。肉眼と双眼鏡両方であっちかな、こっちかなと見て回ります。ようやく開始して30分後くらい、木の上から美し歌声を響かせているヨーロッパコマドリを発見。誇らしげにジャズの即興ソロように歌い続けている姿を双眼鏡越しにキャッチ。この鳥は、12月中旬の寒さが厳しい時期から繁殖期の囀りを始めるそうです。きっと見たのはオスで、アピールに必死だったのか、かなり長い時間パフォーマンスを披露していました。次に登場したのは、鮮やかな黄色のボディ、その真ん中に顔からすっと黒いラインが入っている戦隊ヒーローみたいな模様をしたシジュウカラ。日本にいるシジュウカラとは、亜種が違い見た目が少し違います。警戒しているのか、せっかちなのか、忍者のようにぴょんぴょんと枝々を跳ねながら、「ティーキティーキ」とサイレン音のような鳴き声をだします。仲間にサインを送っているのかも。 ウェブでは、1時間のカウントダウン・タイマーとそれぞれの鳥のボックスに数値を記入できるようにしてある。とても便利 © RSPB  寒さが気にならないほど夢中になり、あっという間に1時間が経ちカウント終了。その後もハト、カラスなど合計5匹を目で確認できました。きっともっといたはずなのですが、残念ながら姿が見つからず。その後RSPBのウェブを通して、カウントした野鳥を報告し終了。とても気楽に参加できるイベントで、うまくカウントはできませんでしたが、それでもバードウォッチングを体験し、野鳥生態調査に参加できたことは、とても面白かったです。 私のカウント結果が、パイグラフで表示される。もっとカウントできたら・・・© RSPB 全体の途中結果と去年の集計結果もチェックできる © RSPB  野鳥観察を通して、自分の周りで一体何が行われているのかを知る。普段どこかで接点があるにもかかわらず、私たちが見過ごしている世界を意識することで、新たな視点を手に入れたように感じます。一番身近な自然と向き合い、意識を集中することは、少し瞑想に似たような、自分の存在や位置を再確認する行為なのではないかと思いました。何かとせわしない現代社会に生きる私たち。たまには立ち止まり、360度見渡してみる。野鳥たちがガイドとなり、未知なる世界へと連れて行ってくれる。バードウォッチングの魅了は、かなり深いようです。 参考資料: RSPB  ww2.rspb.org.uk 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021...

庭に置かれたバードフィーダー(餌台)。ハトやシジュウカラがそれぞれ好みの餌を食べに来ています  初霜が降りると、クリスマスプレゼントや年賀状のことを考えだし、年末年始のお祝いモードを徐々に感じ始めます。このちょっとウキウキした感情は、宗教関連の祭り事が続くこともあり、どこかでみなと共有したい、分かち合いたいと身勝手ながら思うものです。私も「自分たちだけご馳走ばかり食べて申し訳ない」と感じます。そして「一緒に冬を乗り切ろう」とエールを送る意味も込めて、日頃楽しませてくれている野鳥たちへバードケーキを作り、庭の木々に吊るします。  バードケーキとは、鳥の餌をラードで固めた、主に冬に与える練り餌のことです。英国では、バードウォッチングが盛んで、庭に野鳥用の餌台バードフィーダーや水浴び用のバードバスなどを設置する人が多くいます。そこに集まってくる鳥たちを家の窓から眺めて楽しむことは、ごくごく普通の光景です。どこのスーパーマーケットへ行っても、ペット用品コーナーには、犬猫用の餌と同様、野鳥用の餌や餌箱が必ず陳列されています。それだけ野鳥は身近な存在のようです。 スーパーマーケットには、いろんな野鳥用のエサが棚に置かれています  木々の枝に吊るされたバードケーキは、ちょっとしたクリスマスデコレーションのようで、お祝いモードをさらに盛り上げてもくれます。餌が少なくなる寒い冬を生き抜くために、ナッツや穀物だけでなく、ラード、チーズ、ドライフルーツを混ぜて、タンパク質、糖質、脂質ばっちりのハイカロリーなケーキを作りました。レシピは、こちら。 ① ボールに、細かく砕いたナッツ、ドライフルーツ、オーツ麦、鳥の餌など、キッチンで余った食材をうまく活用し、自由に選んで入れていきます(塩や砂糖などが入っているものは少し控えめ、パンなどの穀物を加工したものは入れず、なるべく素材そのままを使用)。 野鳥たちが寒さに耐えられる体力作りを助けるために、タンパク質、糖質、脂質の三大栄養素を、バランスよく入れてあげるようにします。(ボールは、ラードでベタベタになるため、洗うのが大変です。ワックスペーパーやアルミフォイルなどを使用すると、洗う手間が省けます。) ② チーズをおろし器ですりおろしながら、加えます(塩分があるので、入れすぎないように注意)。 ③ 寒さ対策のために、ラードを小さく切り、ボールへ。ちなみにこのレシピは、冬用になります。 ④ ラードを指先で潰しながら、体温で柔らかくしていきます。(手は、油でベタベタになるため、のちほど洗うのに苦労します。必要とあれば、ビニール手袋を使用すると便利かもしれません。) ⑤ 溶けたラードと餌をうまく混ぜます。 ⑥ 写真のように、まんべんなく混るまでかき回します。  クリスマスっぽく、赤いリボンやひもで吊るし、松ぼっくり、アイビー、月桂樹の葉、乾燥させたラシャカキグサの花穂、オークの枝などを使ってデコレーションしていきます。ナチュラルテイストに、そして食後のゴミを考えエコなものでと思い、すべて自然素材にこだわりました。バードケーキは、子供達と一緒に作ってもきっと楽しいはずです。手をベタベタにしながらケーキを作り、庭にあるものを自由に使い飾り付け、外に吊るして野鳥観察。冬のアクティビティにオススメです。 鳥たちがうまく餌を食べれるよう工夫し、彼らに警戒させないよう自然素材で飾ってみました。クリスマスを意識して赤と緑ペースの色合い。童心に返ります。  リスやネズミなど鳥以外の野生動物たちが食べに来ることもあるので、それを避けるために、小鳥たちだけが食せるような木の枝を探し、吊るします。この時に忘れないようにしているのが、鳥たちの水飲み場です。冬の時期、餌は結構あげている方がいますが、水のことも気にかけてあげることが重要です。凍結で飲めない状態になり、脱水症状を起こしやすいのが、意外にも冬にはあります。 バードケーキの上にも、シリアルやナッツをトッピングして、さらに可愛く美味しそうに。大きいナッツは、彼らの足場になればと思いました。地面に落ちたら、他の野生動物が処理してくれることでしょう(笑)。 雪が降った後や霜で地面が凍っているときにあげると、鳥たちも喜びます。  バードケーキを吊るし始めの2、3日は警戒しているのか、それとも気がついていないのか、ノータッチでしたが、その後餌を見つけた鳥たちが、頻繁に突きにき始め、1週間後ぐらいには影形もなく、平らげていました。残念ながら私のカメラにはその様子を収めることができませんでしたが、英国で人気ナンバーワンのヨーロッパコマドリ、人懐っこいシジュウカラ、ビートルズの歌"Blackbird"でも有名なクロウタドリなどが、私の特製クリスマスケーキを堪能していました。私の気持ちが野鳥たちに通じて、日頃の糧を一緒に感謝し祝えたように感じ、寒さで冷えた体をポッと暖かくしてくれるものでした。野鳥との距離もぐっと近づき、彼らのことを今まで以上に気にかけるようになり、もっと知りたいと思うようになりました。野鳥との出会いは、散歩の楽しみをも、さらに広げてくれます。みなさんも、ぜひバードケーキを作って、庭に訪ねてくる野鳥さんたちと真のご近所交流してみてください。 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021...

 森や草原を歩いていると、多くの野生動植物を目にし、時の移り変わりを感じることができます。水仙の花が春の訪れを伝え、ツバメのスイスイ飛ぶ姿が夏を運び、リスがナッツを土に埋め出すと秋が近く、霜で真っ白になった木々が冬の静けさを演出。自然を観察しながら歩く、これがランぶら歩きの醍醐味のひとつではないでしょうか。そんな野生動植物を保護しているチャリティー団体、ザ・ワイルドライフ・トラスト(The Wildlife Trusts)が、今月2017年6月から全国一斉に、30 Days Wildキャンペーンをまる一ヶ月実施します。ザ・ワイルドライフ・トラストは、英国内にある2300ヶ所の自然保護区を所有、または、共同管理し、保護活動を展開しています。うちの近所にもエセックス・ワイルドライフ・トラスト(Essex Wildlife Trust)管理下の自然保護区があり、よくランぶら歩きしに行きます。 30 Days Wildキャンペーンパック申し込みウェブサイトより © The Wildlife Trusts 野花の種を無料配布  トラストはここ最近、Living Landscapeキャンペーンを展開。これは、トラストや他の団体が持つ保護区に現存する野生生物を守るだけでは、 自然保護としては不十分であり、彼らが数を増やせる環境を広げることで、生物多様性の世界を実現しようという目的で始まりました。具体的には、自宅の庭や校庭に野生動物が住めるような工夫、例えば庭の囲いは垣根にする、鳥たちが食す植物を植える、害虫を駆除してくれる虫たちの巣箱を庭に設置する。そして自然観察する。つまり、自宅で自然保護区を作ってしまおうというものです。そして今回の30 Days Wildキャンペーンは、Living Landscapeキャンペーンの中から派生した、自然体験強化キャンペーンで、”Random Acts of Wildness”のスローガンのもと、自然に触れる何かしらのことを毎日続けて、それを一ヶ月間記録に残そうというものです。野生動物が好む餌を置いたり、バードウォッチングしたりするだけでなく、ランチを外で食べたり、夫婦で庭でワインを楽しんだりと一日ほんの少しの時間でも自然と向き合う。人々に日頃から自然に馴れ親しんでもらい、野生動物に目を向ける習慣を身につけてもらうことが、目的のようです。  先日、エセックス・ワイルドライフ・トラストから、30 Days Wild Packが届きました。中身は、一ヶ月のカレンダー、シール、野花のタネ、キャンペーン活動の提案など。それぞれのグッズは、遊び心満載のワクワクさせるデザインで、子供はもちろん、大人も童心に帰って、自然の中へ飛び出していきたくなります。余談ですが、英国のチャリティー団体は、かなりデザインやPRにこだわっていて、よく研究されています。有名な広告代理店が関わっていることもあるようで、それだけ世間に上手にアピールすることが、活動を理解してもらい、会員を増やす結果になることを知っているのでしょう。シンプル&スマートで、親しみのある、インパクトが強い、エキサイティングなデザインが、施されている。とても真面目で、時には深刻なテーマで取り組んでいる団体もいますが、それとは裏腹にヴィジュアルは、キャッチーでクールな興味の引くものが多いです。 キャンペーン中に何ができるか、トラスト側から沢山のアイデアが提示されている。30 Days Wildキャンペーン・ウェブサイトより © The Wildlife Trusts スマートフォンでアプリを使い、参加もできる  今回はSNSも駆使し、#30dayswildのダグをつけて、お互いの活動を報告し合うことも、キャンペーンの目玉のひとつとなっています。専用のアプリをダウンロードすることもできます。さて、私は明日から、どんな野生動物に会え、彼らに何ができるのでしょうか。Go Wild!! 参考資料: ザ・ワイルドライフ・トラスト www.wildlifetrusts.org 掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。© rambleraruki.com 2021 ...